ヤフーのサービスは大きく分けて 7つのカテゴリ!

 

日本の中で最もメジャーなポータルサイトとして知られている

「Yahoo! JAPAN」は、現在、100以上の様々なサービスを展開しています。

ヤフーのサービスは大きく7つのカテゴリに分かれており

 

「買う(ショッピング、宅配、ブックストア、チケット、トラベル等)」

「知る(ニュース、ファイナンス、天気・災害等)」

「楽しむ(映画、ゲーム、占い等)」

「調べる(辞書、地図、路線情報等)」

「暮らす(食べログ、ボランティア、しごと検索等)」

「集まる(ジオシティーズ、ブログ等)」



「ツール(アドレスブック、ボックス、カレンダー)」

 

があります。

 

インターネット黎明期において、検索エンジンの雄であったヤフーは、

「メーカーパソコン内のブラウザのトップページ」に設定されていることも多く、

 

またフリーメールサービスへの展開も早かったため、

ヤフーのメールアドレスを作った人がたくさんいました。

 

 

結果、ヤフーで順次開始されていった



「ショッピング(通販サイト)」「トラベル(旅行予約サイト)」

「地図(マップ案内)」等の各サービスは人気を博し、

 

更に「Yahoo! JAPANカード」や「Yahoo!ウォレット」といったサービスで、

ネット上の決済を促進する好循環も作り上げていきました。

 

このあたり、実に商売上手ですね(*^^*)

 

 

トップページとしてヤフーを指定していると、

ブラウザを立ち上げて最初に「Yahoo!ニュース」が目に飛び込んでくるようになっています

 

 

このYahoo!ニュースで取り上げられたトピックは、

大きな影響を及ぼすようになっていますよね。

 

現在では、「Yahoo!ニュース」のための専用アプリが、

iOSとAndroidのそれぞれに向けてリリースされており、

iPhoneやスマホ、タブレット等ユーザーに対しても人気を広げています。

 

 

更にYahoo!で特に人気の高いサービスの一つに

「Yahoo!ショッピング」や「ヤフオク!(ヤフーオークション)」があります。

 

Yahoo!ショッピングは、楽天やAmazonのような、

商品を購入するための通販サイトで、多種多様な品揃えとなっています。

 

 

一般的なお店はもちろん、有名スポーツメーカーや

ファッションブランドの公式ショップの他、

大手家電量販店なども出店しています。

 

一方のヤフオク!(ヤフーオークション)は、

名前の通りオークションのためのサイトで、

こちらはショッピングと異なり最初は価格が未定で、

基本的に入札・落札のやり取りの末、商品の売買と価格が決定します。

 

Yahoo!ショッピングとは異なり、中古品や新古品など、

新品でないものも多く、商品の状態や送料、

価格、出品者も個人やお店など、さまざまです。

 

ショッピングサイトと異なり、商品の状態や真贋を見極める目が要求されますが、

その一方、実際の蚤の市のような掘り出し物が出品されていることも多く、

新品をメインに扱うYahoo!ショッピングとは一線を画した、

ユニークな存在になっています(^^)/

 

 

またヤフーには上記以外にも、地図や電車の路線案内、

天気予報など、生活に役立つ情報を伝える人気サービスがあり、

それぞれ「Yahoo! MAP」「Yahoo! 乗換案内」「Yahoo! 天気」といった

名称でアプリが提供されています。

 

いずれもAndroid及びiOSのどちらのOS用にもリリースされており、

使用料は基本無料です。

 

中にはYahoo! JAPAN IDでのログインを要求されることもありますが、

ベーシックな使い方の場合は不要の場合も多いので、

まずはご自身のスマホにこれらのアプリをインストールして

使ってみてはいかがでしょうか(*^^)v

 

 

 

はじめてのヤフオク!最新版 [ 吉岡豊(Studioノマド) ]



コメントを書く







コメント内容