世界中にファンを持つドラマシリーズ 24

 

24はアメリカのテレビドラマであり、

日本を含めた世界各国で放送されており

 

世界中にファンを持つドラマシリーズでもあります。

 

 

1話で1時間、1シーズンにつき24話で1日の出来事を描くという

斬新な作風となっており、全てがリアルタイムで進行していきます。

 

 

あらすじはシーズンごとに大きく異なりますが、

ジャック・バウアーを始めとするCTUのメンバーが

暗殺計画やテロなどを阻止するというのが主な展開となっています。

 

 

ジャック・バウアーの知名度は日本でも非常に高く、



彼を演じるキャストのキーファー・サザーランド

世界中で人気のある俳優です。

 

 

他にもキンバリー・バウアーを演じるエリシャ・カスバート、

クロエ・オブライエンを演じるメアリー・リン・ライスカブといった

豪華キャストが名を連ねています。

 

 

 

24はテロや暗殺計画などをジャックたちが阻止しようと

奮闘するストーリーになっているので、SNSなどで感想をチェックすると



ネタバレになってしまう恐れがある点に注意が必要です。

 

 

ジャックとテロリストの息詰まる戦いをスリリングに楽しみたいのであれば

ネタバレを見ずに視聴することをおすすめします。

 

 

24のシーズン7が始まる前にはついにCTU(テロ対策ユニット)が

解体されることになり、新しい展開を迎えています。

 

 

ジャックが過去の違法な拷問について責任追及を受けていたジャックに

突如捜査協力の依頼が舞い込みます。

 

 

テロリストを映したとされる監視カメラの映像には

既に死亡しているはずの元同僚であるトニー・アルメイダが映っていました。

 

 

ジャックは戸惑いながらも任務の遂行のために力を尽くします。

 

 

シーズン7ではこれまで国家に貢献してきたジャックが

上院で責任追及を受けるというシーンがあるなど

政府とジャックとの関係にも少し変化が訪れます。

 

 

また、死んだとされていたトニーの登場もあって、

視聴者を驚かせる展開が続いていきます。

 

 

これまでのシリーズファンはもちろん、

シーズン7から見るという方も楽しめる内容になっています。

 

 

シーズン8では新しい体制でCTUhが動きだします。

 

 

政府の仕事から離れようとしていたジャックですが、

情報屋のヴィクターが何者かに襲われたことで状況が一変します。

 

 

ジャックもまた襲撃を受けるという緊急事態となります。

 

 

そのような経緯を経てジャックは立ち上がることを決意し、

再びテロリストとの戦いが始まっていきます。

 

 

24シリーズはシーズン8で最終回とされていましたが、

その後事実上の続編であるリブアナザーデイが制作されました。

 

 

このリブアナザーデイではジャックが反逆罪と殺人罪で

国際指名手配を受けています。

 

 

ジャックが拘束された仲間を無事に救出出来るか注目です。

 

 

24シリーズでは初のスピンオフとして24:レガシーが制作されました。

 

 

この作品では陸軍特殊部隊のエリートである

エリック・カーターを中心に展開が描かれています。

 

 

ジャック役のキーファーサザーランドは出演しませんが、

製作総指揮としてこの作品にも関わっています。

 

 

 

 

【送料無料】 24 -TWENTY FOUR- DVD全巻(シーズン1〜8) <SEASONSコンパクト・ボックス> + リデンプション セット



コメントを書く







コメント内容