タイピングを早く打てるようになる方法

 

パソコンやワープロの入力速度が速いと

ビジネスにおいて役立ちます。

 

 

タイピングは慣れれば自然と速くなるものですが、

少しの意識がけで、成長速度を速めることも可能です。

 

 

タイピングのコツの1つ目は

出来るだけキーボードを見ないようにすることです。

 

 

もちろん、今までキーボードをじっと見て入力していた状態から、

急にキーボードを見なくなったら打てなくなってしまいます。

 

 

そこでキーボードを見ながらも



たまに顔を上げるように意識付けをしていきます。

 

 

見ながら打っていると、

どうしても見ないと全く打てないという状態が続きます。

 

 

これはタッチタイピング(ブラインドタッチ)

行うつもりがあっても無くても同様です。

 

 

キーボードをそれほど見なくても打てるというのは

キーボードの位置を完全に把握しているというよりは



相対的な位置関係が感覚的につかめている状態です。

 

 

例えばキーボードの「S」の左には「A」、

右には「D」がありますが、この位置関係をつかんでいくのが大切です。

 

 

何列目の何番目がどのキーになっているかという把握はしなくてもOKです。

 

 

タイピング練習を効率的に行うには

無料のゲームをするのがおすすめです。

 

 

 

インターネット上には寿司打という

イピング練習用ゲームがあります。

 

 

これは回転ずしに見立てて登場する言葉や

文を通り過ぎるまでに入力するゲームとなっています。

 

 

結果は何円分の寿司に相当するかで表されます。

 

 

シンプルではありますが、難易度を3種類から選べて、

動作も軽く気軽に練習することが出来ます。

 

 

再興の難易度に関しては

かなり難しくなっているのでやりごたえもあります。

 

 

タイピングが早くなる方法は「ひよこでも出来るタイピング練習講座」という

ホームページで詳しく知ることが出来ます。

 

 

ここはタッチタイピングを習得したい方にもおすすめのサイトです。

 

 

自分のタイピングの実力を測りたいときは

タイピング技能検定のホームページを利用するという方法もあります。

 

 

このホームページではタイピングの模擬試験を受けることが出来、

任意の級へのチャレンジが出来ます。

 

 

試験の内容は単語、短文、長文で構成されています。

 

 

それぞれのスピードと正確性の両方を総合的に判断し、

その急に相応するかを検定します。

 

 

上位の級に合格するには相当なスピードが必要となります。

 

 

タイピングを練習する際には

なるべく特定のキーボードを使い続けることをおすすめします。

 

 

キーボードが変わってしまうと感覚も変わってしまうからです。

 

 

ものによっては「、」「。」の位置まで異なるケースもあります。

 

 

タイピングにおいては色々な指を使って入力することも大切になります。

 

 

しかし、左手の小指で「A」、薬指で「S」というように

重要なキーを押すことになるため、慣れるまではなかなか難しいです。

 

 

ただ、たくさん練習をしていけば脳よりも指が覚えることになり、

仕事などにおいてキーボードを使う時のスピードが

自ずと上がっていくことにも繋がります。

 

 

 

Keyboard Master Ver.6 〜思考の速さでキーを打つ〜



コメントを書く







コメント内容